アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

■ドライな時代
乾燥肌、英語に治せばドライスキン(Dry Skin)。「最近お肌がカサカサで困っちゃう」というのは気温が下がる秋から冬にかけて、街かどで多く聞かれるセリフです。
しかも、最近では必ずしも秋冬にかけての「お定まりのセリフ」というわけでもないようです。ほとんど1年中、上に書いたようなセリフが街かどで口にされているという状況があります。
乾燥しやすい時代、ドライな時代なのでしょうか。「秋冬になって空気が乾燥するから乾燥肌になるんだ」という理屈がもはや通用しなくなっている今、別の理由もあることを考えるべきでしょう。
そして、原因が判明したら、それを解消するためには何が必要か考えるのが大切です。

■水分含有量、低下
そもそも乾燥肌、あるいはドライスキンと呼ばれる状況はどういうことを意味しているのか?
簡単に答えるなら、肌でも特に表皮の下にある「角質層」が含有する水分が、低下した状況のことをいうのです。
具体的には、その含有量がふだんは100%として、30%を切ってしまうとき、乾燥肌であると判断されることになります。
つまり、肌の角質層から水分が減ってしまうのを何とか止めて、潤いを保たなければならないわけです。それが、ひとまずは乾燥肌を解消させる方法となるでしょう。

■保湿の方法
乾燥肌を解消して、ドライな肌をドライじゃない状態にするには、何をすべきか?単純に考えたら、「乾いているものには潤いを与えれば良い」ということになるでしょう。
そして、与えた潤いが失われないように、そこに保ち続けることが大切である、と言えるでしょう。
そこで使えるのは、化粧水。化粧水は単なる水ではなく、目に見えないミクロの世界で、しっとりとした肌の潤いを保つ「保湿」を請け負う水なのです。
化粧水は、肌の角質層に影響を与え、放っておけばそこから失われる一方の水分が、失われないようにとどめてくれます。

乾燥肌に悩んでいる人は、まずは化粧水を使った日々の保湿から考えていくべきでしょう。そしてそのうえで、あらためて乾燥肌の原因と、状況を改善する方法について、知っていきましょう。

オススメリンク

しずく

売れてる商品

売れている商品には、売れるだけの理由があります。そんなふうに考えて、化粧品を買うときには「売れ線」の品を気をつけて見るようにしていきましょう。
乾燥肌を解消させるのに使える、スキンケア用品である化粧水も同じです。
いろいろなメーカーが、自…Read more

おでこからケア

ターンオーバーに注目

人間は、絶え間ないターンオーバーのおかげで今の姿を保っているのだと言えます。というのはどういうことかというと、絶え間ない細胞の入れ替わり、生まれかわりによってということです。
生まれたままの細胞のまま、大人になることは出来ません。なぜなら、特に皮…Read more

関連リンク